ソルフェージュ

ソルフェージュ 説明

歌う、聴く、表現する、聴いた音楽を楽譜に還元する…音楽を奏でる身体を育てるため、幅広い内容を含めた授業を展開しています。動画の中で「開始音を変えて歌ってみましょう」という場面がありますが、母音唱でも構いませんので、是非体験してください。


ソルフェージュQ&A


【聴音】

Q. 課題の演奏前に示される情報はどのようなものでしょうか。
A. 小節数、調性、拍子、テンポです。

Q. 課題の演奏前に、小節線などを書く時間はあるのでしょうか。
A. 楽譜のレイアウトをしてから始めますので、心配しないでください。

Q. テンポについての情報はどのような方法で示されるのでしょうか。
A. 楽典の勉強がしっかりできていればわかるような示し方をします。

Q. 課題の前に弾かれるのは主和音でしょうか。
A. 課題によって適切な設定をしています。

Q. 聴音の演奏の回数、演奏と演奏の間の秒数は決まっているのでしょうか。
A. 課題の難易度によって適切な設定をしています。


【新曲視唱】

Q. 視唱の音域はどのくらいでしょうか。
A. 無理のない音域で設定します。

Q. 予見時間はどのくらいですか。
A.  課題の難易度によって適切な設定をしています。

Q. 必ず音名で歌わなければいけないのでしょうか。
A. 固定ド唱法を推奨しますが、その他の唱法(移動ド、母音唱)でも可です。